2010年03月27日

高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)

 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)の国宝壁画が劣化した原因を調査してきた文化庁の検討会(座長、永井順国・政策研究大学院大学客員教授)は24日、報告書を玉井日出夫・文化庁長官に提出した。自然的要因に72年の発掘後の保存対策のまずさが重なり劣化したと結論づけ、主原因は明示しなかった。

【ニュースボックス】1972(昭和47)年3月21日 高松塚古墳から極彩色の壁画発見

 検討会は08年7月からカビなどの微生物や壁画材料、過去の保存修理記録などを調査。発掘後、劣化が急速に進んだ人為的要因として、▽80年代前半、壁画の下地の漆喰(しっくい)をアクリル樹脂で強化した場所にカビが発生することがわかったが、対応策を検討しなかった▽石室と保存施設をつなぐ「取り合い部」天井の土が崩落していることがわかっていながら01年まで放置した▽保存施設の温度調節機能は76年の稼働開始時から不具合があったが、改善されなかった−−などを指摘した。

 また、保存施設が完成して本格的に壁画の修理が行われた76年以降、外部の専門家による調査会が開かれず、作業が現場任せとなったとしてチェック体制の不備を指摘した。【高島博之】

【関連ニュース】
【必見!写真特集】高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見
<ことば>高松塚古墳
<こちらもカビ問題>新潟市美術館:カビ・クモ発生問題 仏像展の会場変更決定
<ニュースがわかる>雨の季節にカビと暮らす工夫 08年7月号
<こちらはキトラ古墳の壁画>ニュースがわかる:十二支のルーツを探る

「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
鳩山邦氏の離党届受理=自民(時事通信)
高木美帆選手 1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
鳩山邦夫氏の離党を承認 除名処分は見送り 自民党(産経新聞)
橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

たまゆら 火災から1年 慰霊碑に思い込め(毎日新聞)

 群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で入所者10人が死亡した火災から19日で1年。更地になった跡地で正午から、自立を目指す生活困窮者を支援するNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」などが一周忌の法要を営む。「たまゆらの悲劇を忘れたくない」と慰霊碑を作る高崎市の石材店勤務、矢野慎次さん(32)も参列し冥福を祈る。

 1年前、矢野さんは身寄りのない高齢者の悲惨な最期に衝撃を受けた。10日以上も身元確認ができない人。遺骨の引き取り手がない人。「将来の自分の姿かもしれない」。矢野さんは4月、たまゆらを運営していたNPO法人「彩経会」に慰霊碑建立を申し入れた。

 勤務先で石材を探し、仕事後、作業場に残って加工を続けた。仲間に呼びかけ、認知症の高齢者が暮らす特別養護老人ホームに通って入所者と会話する「月1ボランティア」も始めた。

 しかし、碑の完成を間近に控えた今年1月、同会理事長だった高桑五郎被告(85)=業務上過失致死罪で起訴=と現場を訪れた際、住民に厳しい口調でたしなめられた。「頼むからやめてくれ」。出火時、炎上する施設から入所者を救出した住民は当時の恐怖を思い出す慰霊碑を目にしたくないという。

 「甘かった」。矢野さんは現場での建立をあきらめた。「何年かかるか分からないが、10人を落ち着けてあげたい」と別の場所での建立を模索する。

 碑に刻む言葉は決めてある。「天地に比せば玉響(たまゆら)と雖(いえど)も、人心に響く音は甚大也(なり)」。玉響とは「はかないもの」の意。あの惨事は決して忘れない。【奥山はるな、塩田彩】

【関連ニュース】
たまゆら火災:彩経会のNPO法人認証取り消し 群馬県
札幌7人焼死:5人目の身元を確認 74歳の女性入所者
火災:住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼
火災:倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず

<強風>首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災(毎日新聞)
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
<強風>首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災(毎日新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕−宮城県警(時事通信)
posted by 9hi8awnk0o at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領(産経新聞)

 大阪市立斎場(火葬場)の職員が、葬儀業者に便宜を図っていたとされる問題で、火葬を担当する職員のおよそ半数が、業者からの「心付け」として現金を受領していたことが17日、市環境局の内部調査で分かった。心付けのやりとりは平成14年に禁止されたが、水面下で継続され、組織的に容認していた疑いが強い。

 市は担当の技能職員40人余りから聞き取り調査を実施。関係者によると、このうち20人近くが、禁止後も心付けを受け取っていたことを認めた。金額は1件千円〜5千円で、月に数万円程度の副収入があった。ただ、業者への便宜供与は否定しているという。

 市立斎場では14年まで、慣例的に心付けのやりとりが行われ、各職員が受領した心付けをいったんプールし、勤続年数に応じて再配分していた。年長者で月20万〜30万円、年次の浅い職員で月数万円を受け取っていた。

 市は14年5月、「不適切な行為」として心付けを禁止するとともに、担当職員36人を文書訓告処分としたが、その後も10社前後の業者が、非公式に現金を渡していたという。

【関連記事】
大阪市立斎場の職員が自殺 「心付け」めぐる疑惑の中
名古屋のひき逃げ 通夜で「殺されたようなもの」
迷彩服好み、勤務先の斎場でもトラブル…羽曳野銃殺の男
襲名披露や出所祝、組葬…大阪市が全市立施設から暴力団排除へ
夢半ばの死、同級生ら悼む 柳ケ浦高バス横転事故で通夜

<JR山手線>浜松町駅で女性はねられ死亡 31本に遅れ(毎日新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
非正規社員ほど結婚しづらい 厚労省調査 収入不安定、男性は「正規」の2分の1(産経新聞)
小児や心肺停止搬送患者などにAi実施を−日医委員会(医療介護CBニュース)
有事の核持ち込み 外相、将来容認も(産経新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。