2010年03月24日

大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領(産経新聞)

 大阪市立斎場(火葬場)の職員が、葬儀業者に便宜を図っていたとされる問題で、火葬を担当する職員のおよそ半数が、業者からの「心付け」として現金を受領していたことが17日、市環境局の内部調査で分かった。心付けのやりとりは平成14年に禁止されたが、水面下で継続され、組織的に容認していた疑いが強い。

 市は担当の技能職員40人余りから聞き取り調査を実施。関係者によると、このうち20人近くが、禁止後も心付けを受け取っていたことを認めた。金額は1件千円〜5千円で、月に数万円程度の副収入があった。ただ、業者への便宜供与は否定しているという。

 市立斎場では14年まで、慣例的に心付けのやりとりが行われ、各職員が受領した心付けをいったんプールし、勤続年数に応じて再配分していた。年長者で月20万〜30万円、年次の浅い職員で月数万円を受け取っていた。

 市は14年5月、「不適切な行為」として心付けを禁止するとともに、担当職員36人を文書訓告処分としたが、その後も10社前後の業者が、非公式に現金を渡していたという。

【関連記事】
大阪市立斎場の職員が自殺 「心付け」めぐる疑惑の中
名古屋のひき逃げ 通夜で「殺されたようなもの」
迷彩服好み、勤務先の斎場でもトラブル…羽曳野銃殺の男
襲名披露や出所祝、組葬…大阪市が全市立施設から暴力団排除へ
夢半ばの死、同級生ら悼む 柳ケ浦高バス横転事故で通夜

<JR山手線>浜松町駅で女性はねられ死亡 31本に遅れ(毎日新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
非正規社員ほど結婚しづらい 厚労省調査 収入不安定、男性は「正規」の2分の1(産経新聞)
小児や心肺停止搬送患者などにAi実施を−日医委員会(医療介護CBニュース)
有事の核持ち込み 外相、将来容認も(産経新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。