2010年01月21日

ロボカップジャパンオープン 5月に大阪で開催(産経新聞)

 自分の意思で行動する“自律移動型ロボット”の競技会「ロボカップジャパンオープン2010大阪」が5月2〜4日、大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市旭区)で開催される。11回目の今回は過去最多の250チーム、約900人が参加、サッカーやレスキュー競技などで研究・開発の成果を競う。

 ロボカップは、ロボット工学や人工知能の研究を推進しようと開催される国際競技会で、ジャパンオープンは地域大会にあたる。競技は研究者や学生向けだけでなく、子供たちが参加できる「ジュニア部門」も用意され、ロボットと親しめる環境づくりも重視している。ロボカップ日本委員会の松原仁会長は「子供たちに夢を与えるような大会にしたい」と話している。

【関連記事】
ロボカップ開幕 技を競え
「チーム大阪」はロボカップに参戦せず
切り札は猫型ロボット? 日航、ドラえもんジェット就航へ
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ
日本の少女ロボットに注目 米TVの取材殺到

聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)
ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省(医療介護CBニュース)
将棋 王将戦開幕 久保が先手番(毎日新聞)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 03:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。