2010年03月18日

「開国博」入場券代金求め、旅行会社を提訴へ(読売新聞)

 横浜市内で昨年開かれた横浜開港150周年記念イベント「開国博Y150」をめぐり、主催した財団法人横浜開港150周年協会は11日、旅行会社3社に入場券代金の未納分計約2億3700万円の支払いを求め、横浜地裁に近く提訴することを決めた。

 同協会によると、3社は「近畿日本ツーリスト」(東京都千代田区)、「日本旅行」(同港区)、「相鉄観光」(横浜市)。

 横浜市や企業などでつくる同協会は2008年5月、3社と入場券計33万枚の売買契約を結んだが、期限の09年11月を過ぎても3社から入場券代金の半額が支払われていないという。

 3社は「有料入場者数が見込みを大幅に下回り、契約の前提状況が変わった。当初の契約は無効」などと主張している。

 開国博の有料入場者数は昨年4〜9月の期間中、目標の約4分の1の約124万人にとどまり、大量の入場券が売れ残った。

絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。