2010年04月20日

JR東海社員7人がキセル…近鉄に賠償(読売新聞)

 JR東海の19〜36歳の男性社員7人が、今年2月までの1年半、近鉄で不正乗車を繰り返していたことが17日、わかった。

 JR東海によると、7人は近鉄線を利用した後、近鉄とJRが同じ駅舎を使っている桑名駅(三重県桑名市)で、JR事務室の窓口処理機を不正使用し、IC(集積回路)カード乗車券の記録を消去していたという。

 確認できた不正乗車は、計258回、計10万3300円分に上った。7人は桑名駅や松阪駅(三重県松阪市)で駅員や車掌として勤務しているという。JR東海は7人を処分したうえ、近鉄に賠償し、謝罪した。不正乗車は今年2月、JR東海の内部調査で発覚したが、同社は公表していなかった。

<ノリタケ子会社>元社員が横領認める 名古屋地裁初公判(毎日新聞)
静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
職場をカメラで監視=複数の執行官が関与−青森地裁(時事通信)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。