2010年04月13日

<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであり、10学部計3013人の新入生が大学生活のスタートを切った。京大では学生による覚せい剤所持や準強制わいせつ事件などが相次いでおり、松本紘学長が式辞の冒頭、「自由(の意味)をはき違えないでほしい」とクギを刺した。

 松本学長は「(青春時代は)心が沸き立つような直接的な人間の欲望に制圧されうる危うさがある」と、京大教授だった哲学者、和辻哲郎の言葉を引用。青春の勢いを芽にたとえ、「芽の成長をひずませず、それを助ける滋養分だけを与えることが肝要」と強調した。【広瀬登】

【関連ニュース】
卒業証書:有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される
入学式:元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校
眞子さま:国際基督教大の入学式に出席
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
京都大:卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ

東大と医学部目指す「エリート校」 幸福の科学が全寮制中高を開設(J-CASTニュース)
社民党が青森選挙区で元三沢市議を公認(産経新聞)
<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
<高松塚古墳>飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)
posted by 9hi8awnk0o at 02:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

隠したはずが…大阪市、HPで二重の個人情報漏洩(産経新聞)

 大阪市水道局が市ホームページ(HP)で「水道メーター取替票」の見本を公開したところ、隠したはずの世帯主の男性の住所や氏名、電話番号などの個人情報が一時閲覧できる状態になったことが24日、分かった。見本は別の個人情報を含む取替票の紛失事案の発表に伴ってHPに掲載したもので、情報漏洩(ろうえい)を繰り返す“二重の失態”となった。

 問題があったのはPDFと呼ばれる電子文書形式で公開された取替票の画像。担当者は個人情報を隠す処理を行い、PDF画像では氏名などの部分は白塗りになった。しかし閲覧者が画像を別形式のファイルなどにコピーすると、白塗りが消え、元データの個人情報を閲覧できたという。

 水道局は24日午後2時、住宅などの水道メーター交換時に使用する取替票を、盗難などで計27件紛失したとして市HPで発表。市民から指摘があった午後6時まで、見本として掲載した取替票の個人情報が閲覧できる状態だった。

【関連記事】
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出
MS 顧客企業の個人情報保護強化 「クラウド」管理へ説明を充実
金融庁 情報漏洩問題でアリコジャパンに業務改善命令
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」
「情報漏洩に対応優先」 企業で意識高まる 危機管理調査
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
両陛下が「国際内分泌学会議」ご出席(産経新聞)
<福知山線事故>JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審(毎日新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)

 アンジェスMGは3月29日、アトピー性皮膚炎などを適応症として開発中のNF-κBデコイオリゴについて、塩野義製薬と共同開発および独占的販売権の付与を目的とした正式な協議を開始すると発表した。

 協議対象は、アトピー性皮膚炎や欧米に患者が多い尋常性乾癬など、外用薬で治療する皮膚疾患全般。既にアンジェスがアトピー性皮膚炎適応のために国内フェーズ2試験を終了した軟膏製剤のほか、皮膚浸透性を改善した製剤も含むとしている。

 アンジェスによると、軟膏製剤については、これまでの試験で中等症以上の顔面のアトピー性皮膚炎に対する治療効果を確認。既存のステロイド外用薬やタクロリムス水和物軟膏で認められる皮膚感染症などの副作用については、プラセボと同様に低い発現率だったという。

 アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を伴う皮膚炎。過剰免疫によるアレルギー反応が原因とされ、卵や牛乳などの飲食や、ダニやほこりなどの環境、ストレスなどによって生じる。アンジェスによると、患者数は増加傾向にあり、現在日本で約140万人。

 塩野義製薬は現在、自社開発のアトピー性皮膚炎治療薬(外用薬)のフェーズ2試験を実施しているが、「炎症を抑えるNF-κBデコイオリゴと、炎症とかゆみを抑える(同社の)開発品は作用機序が異なり、共存できる」としている。


【関連記事】
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
インフルエンザウイルス迅速診断キットを共同販売―塩野義製薬
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬
インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義

郵政、民業圧迫に配慮を=平野官房長官(時事通信)
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)
「有効だが、引き続き検討」=児童ポルノへの接続遮断−有識者協議会が報告(時事通信)
サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)
<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)
posted by 9hi8awnk0o at 21:53| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。